2018年新年会

   

盛岡合同白堊43会古希を祝う会

 2018年の新年会は古希のお祝いをかねて在京・盛岡合同にて下記の要領で開催します。今は無き若松君が言い出しっぺで、「段々と櫛の歯が抜けるように同期が居なくなるので、古希まで生きたぞ!という祝いをやろうじゃないか」との主旨でしたが、まさか本人が居なくなろうとは予想だにしませんでした。43年卒の中で最も古希の人が多い2018年にやろうということで、既に古希を迎えた人も、2019年が古希だという人も参加してください。正式な案内は、盛岡の事務局・細田君から11月に封書で150名程度に発送されました。日帰りが可能な時間帯にしたので、在京43会の方々も参加出来る方は是非どうぞ!

【参加状況】
細田君からの情報・・・2018年1月10日参加申込み締め切り時点で70名、在京会員の参加は16名;I裕子、I民雄、O眞理、O光正、川村M、木村M、K律子、澤藤隆一、S千尋、T健児、T敬子、F義高、H健秀、M健二、Y啓一、Y博夫
細田君からの情報・・・2017年12月30日現在の参加表明者64名、「駒龍」の収容能力60名を越え、開き直っています。在京会員の参加は13名
細田君からの情報・・・2017年12月23日現在の参加表明者55名、「駒龍」の収容能力がギリギリ60名で、在盛の常連組でも返信未達者がいるので、1月10日の締切前に岡田君から再度メールで返信を促す予定です。合同開催は今回が最後だと思いますので60名超の場合は、岩舘君に舞台も使うとか知恵を出してもらおうと思っています。在京は10名です・・・とのこと(在京の皆様にも澤藤からもう一度だけ案内を出します)
細田君からの情報・・・2017年12月8日現在の参加表明者46名
細田君からの情報・・・2018年1月10日締切時点での参加表明者69名(在京会員16名)

              2018年1月27日(土)15時〜

              料亭「駒龍」 アクセスは「駒龍」ホームページからどうぞ。県民会館の隣

              会費:1万円 これでも出精ですよ(^-^)


盛岡の老舗料亭「駒龍」(同期の岩館君が経営)の外観 ホームページ


後方に掲げられた額「来者如帰」は「来る者、帰るが如し」で、NHK「どんど晴れ」の加賀美屋の玄関に飾られていました
お客様には、自宅に帰ったように寛げるおもてなしをする、という加賀美屋の家訓だと、ドラマ内では説明されていました
(上記写真は駒龍のホームページ掲載のもので、撮影当時大女将は健在でした)

結果 クリック



白堊43会「古希を祝う会」の案内


出欠は白堊43会「古希を祝う会」事務局の細田敬一君へ1月10日までにお願いします


古希の祝いとは
古希というのは、人間が古ぼけて希望が無くなった、という意味ではありません。本来は「古稀」が正しいのですが、「稀」は常用漢字にはないので現在では古「希」と書くことが多いようです。いわれは唐の詩人杜甫の詩・曲江に由来するそうです。「酒債は尋常行く処に有り 人生七十古来稀なり」=酒代のつけは私が普通行く所には、どこにでもある。(しかし)七十年生きる人は古くから稀である、という詩。これをもって、数え齢70歳(通常満69歳)を古希と言って祝うことになりました。
2018年に古稀を迎えるのは1949年生まれ、すなわち昭和24年生まれの人です。白堊43会の会員の多くが該当します。中には既に昨年古稀を迎えた方もいらっしゃるでしょうし、早生まれで昭和25年1〜3月生まれの方は来年古稀を迎えることになります。今回の「古希を祝う会」は、最も多くの会員が該当するために2018年1月27日(土)に行うものです。我らが1年先輩の疾風会(昭和42年卒)は「卒業50周年記念」として2017年4月に在京疾風会の第1弾お花見会(浜離宮)38名参加、第2弾盛岡本部で6月25日「宮沢賢治碑説明板除幕式」と鶯宿温泉ホテル森の風で懇親会を行い、57名の参加だったそうです。白堊43会も2018年は卒業50周年ですが、盛岡一高に対しての記念事業は既に2回行っておりますので、同期が盛岡に集い、旅立った同期を悼み、歩んできた人生を楽しく語り合い、これからの健康で心豊かな人生の糧にしたいという趣旨で会員の「古希を祝う会」を行うというものです。

在京43会員の皆様への連絡状況
メール把握者64名にはメールで、34名には葉書を出しました
葉書の34名は不達返送無し、返事をくれたのは3名、いずれも欠席でした
今後ともめげずに連絡するつもりです

JR東日本「大人の休日倶楽部パス」のご利用を

この時期はちょうどJR東日本「大人の休日倶楽部パス」の[第3回] 2018年1月18日(木)〜 1月30日(火)の期間です。JR東日本全線4日間乗り放題15,000円、JR東日本全線・JR北海道全線5日間乗り放題26,000円、新幹線指定席も6回まで利用できます

詳しくは・・・大人の休日倶楽部パスのサイトへ


Back No.

過去の新年会の模様についてはをご覧下さい